Q&A

弁理士に相談するのは初めてです。優しく対応して頂けますか?
はい。ほとんどの方は初めてです。丁寧に対応させて頂きます。
単純な発明です。発明の程度が低いと、断られますか?
いいえ。喜んでお話をお聞きします。
単純と思われる発明でも、実はすごい発明の場合があります。それで特許が取れたらすごいことになります。
ほとんどの特許事務所は企業を相手にしていると聞きます。なぜ個人の発明の相談を受けるのですか?
面白いからです。私達の事務所は、そう思っている弁理士がいる事務所です。
後から高額な請求が来たりしませんか?
ございません。事前にお見積もり致しますのでご安心ください。
アイデアだけで、実際に物を作っていません。特許出願できますか?
喜んでお引き受けします。出願してから、その後の事情により審査請求をするかどうか決めて頂ければ結構です。
相談は電話でもできますか?
はい。電話やメールでも可能です。最初はメールを頂けると助かります。
個人発明家に何を期待しますか?
単に特許出願して終わりではなく、最終的に商品化、収益化まで実現して貰いたいです。弊所の経験に基づいてアドバイス致します。
特許のことはほとんど知りません。
特許の制度、特許取得までの流れ、費用など、初めての方にも、丁寧に説明いたしますのでご安心ください。
出願から特許取得までの流れを教えてください。
特許出願が完了すると、特許出願番号が付与されます。出願から1年半経過すると、出願内容が公開され、ネットで見ることができるようになります。
 出願から3年以内に特許庁に審査請求をすることによって、審査に付されます。
 審査により、発明の説明に不備があったり、先行技術文献が見つかったりすると「拒絶理由」が通知されます。
 拒絶理由に対して、反論したり、補正をしたりすることによって、拒絶理由が解消すると、「特許査定」が発行されます。
 その後、登録料を支払うことにより、特許権が成立します。
特許を出願しても、そのあとで審査請求をしなかった場合、どうなりますか?
審査請求をしなければ審査は開始されません。出願から3年以内に審査請求をしなかった場合は、その特許出願は取り下げられたとされます。復活はできません。
審査請求は必須ですか?
いいえ。
特許の取得が必要無くなった場合は、審査請求をする必要はないです。
その場合、特許出願は取り下げられたとみなされます。その後に費用が発生することもありません。
特許権の取得までのおよその時間は、どのくらいですか?
特許の出願後、審査請求をしてから、特許庁からの最初の通知までおよそ12か月~1年半かかっています。
したがって、審査を請求してから権利取得まで1~2年かかります。
ただし、審査を早めてもらう「早期審査」という制度を使うと、審査請求から2か月ほどで、最初の通知が届きます。」
出願した発明は必ず公開されてしまうのですか?
いいえ。
 出願から1年半で出願は公開されますが、その前に出願を自ら取り下げた場合は公開されません。
 もし、出願した後に、公開されたくない事情が出てきましたら、早急に出願を取り下げる手続きをとりましょう。
一旦公開されてしまった出願を、公開されないようにできますか?
残念ながら、できません。一旦、公開された出願は、もはや非公開にすることはできません。したがいまして、絶対に公開されたくないアイデアの場合は、特許を出願しないほうが良いことになります。
「特許出願」と「特許申請」の違いは何ですか。
 同じ意味です。特許法では「特許出願」という言葉を使っています。しかし、一般的には「特許申請」という言葉が使われているようです。
「進歩性」とは何ですか?
「進歩性」とは、特許が認められるための要件の一つです。
特許が認められるためには、
①新規性と、
②進歩性が必要です。
「新規性がある」とは、発明が人に知られておらず、新しいということです。
「進歩性がある」とは、「容易に考えられたものではない」ことです。
 ※「進歩」という言葉が使われていますが、一般的な「進歩」の意味とは異なります。

ページの先頭へ